桃色花子おしゃべり人形

桃色花子ちゃんといえば、ドールセラピーってお人形さんなんだそうです。

桃色花子ちゃんは、かわいい5歳ぐらいの女の子が、関西弁で、お話しをしてくれるっていうことで、
それが、癒しにつながるんだそうです。

お人形さんだとわかっていても、それでも、癒される効果が期待できるんだそうです。

そして、この桃色花子ちゃんが、良く売れているんだそうです、介護施設とかに。

それもそのはずで、桃色花子ちゃんの、開発のコンセプトが、認知症の予防に役立つようにっていうことが、あったんだそうです。
桃色花子ちゃんの、癒しの効果は、一人暮らしをしているご高齢の方とか、ペットとかを失くされてふさぎ込んでいるような方にも、良い効果が期待できるんだそうです。

桃色花子 口コミ

桃色花子ちゃんを購入された方の、口コミでは、プレゼントとかにされるた方が多いようですね。
やはり、ご高齢になられたお母さんや、おばあさんへの認知症の予防にっていうことが、目的の方が多いようですね。
確かに、桃色花子ちゃんは、少し高価ですが、それだけの癒しが得られて、認知症の予防や改善が、期待できるのならっていうことで、購入される方が多いようです。


「一人暮らしをしているので、時々、ふと寂しさを感じるときが、あるものなんですね。
でも、この桃色花子ちゃんが、お家に来てくれてからは、そんな寂しさを感じるっていうことが、なくなりました。
お話をして、お歌も歌ってくれて、一人ではないって、思わせてくれるんですね。
とはいっても、ふとした時に、寂しくなりそうなときでも、桃色花子ちゃんが、目の前に居てくれるだけで、安心できるものなんですね。」


この桃色花子ちゃん、介護施設では、もう、アイドル状態なんだそうです。
高齢の方が話かけると、少し上から目線で、回答をしてくるっていうことで、本当に5歳のおませな女の子っていう感じがして、そこが、いいんだそうですね。


それに、会話が「関西弁」っていうところも、人気の秘密みたいですね。
標準語だと、打ち解けていない雰囲気になりがちなのですが、花ちゃんが関西弁で話をすることで、自然と和やかな雰囲気になるものなんだそうです。

開発者の方も、落ち込んでいたときに、ふと関西弁の漫才を見て、癒されたっていう経験があったんだそうです。
それで、関西弁のお人形にって、思ったんだそうです。


そして、売れるとしても、関西ですよねって、普通は思うところですが、不思議なことに、関東で、それも、東京での販売が、好調なんだそうです。
やっぱり、関西弁だと、癒し効果にプラスして、笑いの効果もあるのかもしれないですね。
そこが、関東で受けているのかもしれないですね。

こちら⇒日本初の関西弁音声認識人形の「桃色はなこ」 介護人形 着せ替え人形 女の子 ロボ...

先行通販
 

© 2016 桃色花子 rss