尿が近い 若い

尿が近い症状で、まだ若い方なのにっていうテレビ番組が放送されていました。
おもしろい原因だったので、ちょっと書いておきます。

そのテレビでは、尿が近い人は、どうしてトイレが近くなってしまうのか、その原因と治し方について紹介していました。

症状としては、尿が近いっていうことで、ただ、ちょっと近いだけなら、まだ、大丈夫なのですが。
たとえば、移動しないといけない時に、電車とかバスとか車とかに乗れなくなってしまうとかっていうことになると、日常生活に支障があるっていうことになってしまうんだそうです。

ここまで来ると、治さないといけないですね。

尿が近い治し方

尿が近い方の治し方。

若いのに、尿が近い方っていうのは、その原因が、心因性の場合が多いんだそうです。

ポイントは、膀胱なのですが、
機能的には、膀胱の状態は良好なのに、どうしてもおしっこが近いっていう場合には、
神経性頻尿という病気の可能性があるんだそうです。

実際には、膀胱に尿はそれほどたまっていないのに、必要以上に尿意を感じてしまうんだそうです。

その治し方が、ちょっと、驚きでした。
キーワードは「我慢」なんだそうです。

やり方としては、尿意を感じて、「漏れそう」って思っても、その時から「5分」だけ我慢してみる。
それが、できるようになったら、今度は「5分」を「10分」我慢にしてみる。
こんな風に段階的に我慢する時間を増やしていくんだそうです。

これをすることで、膀胱の柔らかさやふくらみが良くなって、おのずと自信につながっていくことで、正常な尿意に戻っていくんだそうです。

ただ、注意点としては、この方法を行うときには、家とか部屋とか、いつでもトイレに行けるところで行うこと。
外出先で、これをして、本当に漏れそうっていうときは、今度は、それがトラウマになってしまうかもしれないですから。

ただ、これは、継続して何週間かしないと結果につながらないっていうのも事実。

そこで、補助的に薬とかを使って、頻繁にトイレに行く回数を減らすっていうことも、大事なことだと思います。

こちら⇒頻繁に駆け込む毎日をスッキリ!

こういった薬で、尿意をコントロールしながら、我慢をすることで、より早く自信がつくかもしれませんね。

 

© 2016 尿が近い rss